Power Stop Z36-702A フロントZ36トラックと牽引ブレーキパッド 新素材新作

Power Stop Z36-702A フロントZ36トラックと牽引ブレーキパッド
・ Z36-702A
・Z36トラック&牽引カーボンファイバーセラミックブレーキパッドは、毎日の運転を犠牲にすることなく、トラックや4x4s用に設計された究極のブレーキ性能を提供します。
・低ダストブレーキパッドは停止力を最大化し、ホイールを清潔に保つように設計されています。
・ブレーキパッドには高品質のステンレススチール製シムが付いており、放熱性が向上し、ノイズフリーなブレーキ機能も備えています。
・Z36トラック&牽引ブレーキパッドはパウダーコーティングのバッキングプレートで作られており、錆や腐食に耐え、寿命を延ばします。
・Powerstop Z36ブレーキパッドは熱で焼かれたパッドの表面で素早く慣れます。

 新型コロナウイルスの「ワクチン接種記録システム(VRS)」で、個人の接種歴の一部が誤って登録されているケースがあることが27日、複数の自治体への取材で分かった。2回打ったデータが消失し、未接種になっている住民も確認された。現状のままでは、年内に予定する国内用接種証明書の発行業務などに影響が出る恐れがあり、デジタル庁が市区町村に修正を求めている。

 政府によると、1回以上、接種したのは26日時点で約8千万人。デジタル庁は誤登録の総数などは把握していないとした上で、年内に解消したいとの考えを示している。

GULL マスク ココブラックシリコンコハクオレンジ×スノーケル レイラドライSPブラックシリコン ブラック×KURORO マスクストラップ,

 取材では、札幌市、千葉市、東京都中央区、横浜市、大阪市、岡山市、松江市などが誤登録があると答えた。件数は1桁から数千まで幅広かった。

 デジタル庁は22日、VRSを改修し、誤ったデータを見つけやすくする機能を追加。これを使ってデータの洗い出しを進めるよう各市区町村に呼び掛けており、今後、各地で同様の事例が見つかる可能性がある。

 VRSは、自治体や医療機関、企業の担当者がタブレット端末のカメラで接種券にある18桁の番号を読み取ると、接種歴が登録される。ただ手ぶれによって「8」を「3」と読み込むなどのエラーがある。また日付やワクチン製造番号などは手入力となっており、これらが誤登録の主な要因という。

 誤登録は、海外渡航者を対象とした紙の接種証明書の申請があった際などに発覚している。市区町村には住民の接種情報を記した紙の「予診票」があり、これを基に担当者がVRSの登録状況をチェックして、誤りが見つかる場合もある。

 国内用の接種証明書は、VRSに登録された情報を参照して発行する予定。検討中の3回目の接種券は、VRSに2回接種済みと登録されている人を対象に交付する案があり、早期の修正が必要となる。